フランチャコルタとは

イタリアの最高級スパークリングワインである「フランチャコルタ」。
北イタリア・ロンバルディア州東部のフランチャコルタ地域 (Franciacorta)で作られる、瓶内2次発酵方式で造られるイタリアワインです。イタリアで最も厳しい規定である、最高峰のクラスD.O.C.G認定の限られた生産地域内で、定められたブドウ品種を使って作られており、昔ながらの方法(メトド・クラッシコ)で造られています。

最高の品質を保つために、葡萄の圧搾にはイタリア国内でも珍しい垂直式圧搾機マルモニエール Marmonier を使用しています。この機械は1999年に導入され、現在使用しているのは、フランチャコルタでは2軒のみとなりました。

フランチャコルタの第二次発酵はビンの中で、ゆっくりと発酵・熟成させます。法的基準は最低でも18ヶ月と、フランスのシャンパーニュの15ヶ月に比べ長いのですが、ラ・モンティナーではさらに長い24ヶ月から、長いものでは80ヶ月の熟成を行なっています。

ページ上部へ戻る